おしゃれな形状のフレーム

おしゃれなメガネフレームとして代表的なのは、フレームがほぼ真円になっているラウンドタイプです。古くからある形状ですが、現代ではおしゃれなフレームとして選ばれる場合が多く、個性的かつ知的な印象を与えることができます。そして、厳格なイメージを与えられるおしゃれフレームは、スクエアタイプです。縁のラインが直線に近い形状になっていて、全体が横に長いのが特徴です。着用した時には、顔が縦に長く見えやすくする効果もあります。また、縦に長い形状をしたボストンタイプやウェリントンタイプも、おしゃれなフレームです。オーソドックスな楕円タイプよりも、レンズのサイズがとても大きいため、カジュアルな雰囲気を演出するのに向いています。

質感や色でおしゃれを演出

メガネフレームには、形状だけでなく、フレームの質感やデザインで、おしゃれであることをアピールするものもあります。プラスチック素材を使用しているフレームであれば、色を変える以外に、模様を付けることも容易です。そのため、目立つ赤色にしたり、かわいらしいドット柄にしたりすることも可能です。もちろんブラウンや肌に近い色を選んで、落ち着いた雰囲気を演出をすることもできます。そして、金属素材も、おしゃれフレームとしては定番です。金属は耐久性が高いので、縁の一部を省略したり、縁のラインを細くしたりすることが可能です。そのため、すっきりとした印象を与えるおしゃれフレームとして使用されることも多いです。また、マットな質感で、重厚感のある演出も可能です。

眼鏡は視力を調整して見えやすくするために活躍するアイテムです。普段は裸眼でも、仕事や運転のときに使う人が多いです。