自分に合ったメガネを選ぶ

洋服選びと同様に、メガネのデザインの好みは人それぞれです。ですが、自分に合ったメガネの形を選ぶことで、大きく印象を変えおしゃれに見せることができます。

メガネは、全体的なバランスや、レンズ部分の形、ブリッジの幅や位置などさまざまなパーツを自分の顔に当てはめて行くのが大切です。まず、注目したいのがメガネの大きさですが、眉毛から顎までの顔の長さの3分の1の大きさのものを選ぶと、メガネの違和感がなくバランスがよく見えます。また、横幅も小さすぎると顔が大きく見えてしまうため、顔の幅よりやや小さいくらいの物を選ぶと良いでしょう。

ブリッジ幅は、目と目の幅にきちんと合わせたものを選び、ブリッジがレンズに近い位置にあるほど鼻を大きく見せることができます。

顔の形に合ったデザイン選び

おしゃれに見せるなら、顔の形に合わせたデザインを選ぶことも重要です。

エラがある四角い顔の方には、柔らかい印象を持たせることができるオーバル型がおすすめです。バランスも取りやすくなる特徴があります。
丸顔の方には、スクエア型を選ぶことで輪郭をシャープに見せることができます。また、キリッとした印象も与えることができます。
逆三角形顔の方は、丸みを帯びたラウンド型を選ぶことで柔らかい印象になり、フォックス型を選ぶことでクールな印象を与えることができます。
面長の方には、メガネの縦幅があるウェリントン型やボストン型を選ぶことで小顔に見せることができます。

自分の顔をしり、メガネを選ぶことでおしゃれに見せるだけでなくコンプレックスを減らすことも可能になります。