ビジネスシーンで活躍するスクエア型のメガネ

スクエアは「四角形」という意味で、スクエア型のメガネとは横に長い長方形の形をしたメガネを指します。メガネフレームのかっちりとした角がシャープでクールな印象を与えるため、きちんとした雰囲気を大切にしたい場面でよく使われています。たとえば、大切な商談のときや就職活動の面接の際など、男女問わず、知性や真面目さをアピールしたいときに着用したいメガネです。社会人となってメガネを購入するのでしたら、まずはスクエア型のメガネを手に入れようとする人が多いのです。

ビジネスパーソンに好まれていることから、多くのメガネショップでは多様なスクエア型のフレームを準備しています。そのため、好みの色や材質のメガネと出会える可能性が高いと言えます。

スクエア型が似合うのはどんな人か

ビジネスシーンでは定番のスクエア型のメガネは多くの人に愛用されているのですが、このタイプのメガネが一番似合うのは、丸顔の人と面長の人です。丸顔の人の場合は角張ったフレームが輪郭の曲線を整えて、顔立ちをシャープに見せる効果があります。ただし、幼いイメージが漂いがちな太フレームのものより、細いフレームのほうが向いています。面長の人の場合は、横に長いフレームの形が縦に長い顔形の印象を打ち消してくれ、顔をバランスよく見せてくれるのです。

一方、角張った顔の人が四角形のフレームをかけると、顔のラインが強調されてしまうデメリットが否定できません。それを避けるには、顔の形が四角の人やベース型の人がスクエア型のメガネを購入する際は、フレームの角に少しでも丸みのあるものを選びましょう。そうすることで印象がぐっと柔らかくなります。